預かり金

@企業会計上の一時預かり金をいいます。
現金清算する必要のある負債で、営業預かり金、預かり保証金、従業員源泉所得税などがあります。

A出資法(第2条)では、「不特定且つ多数の者からの金銭受入れのことで、預金または定期預金の受入れ、および、借入金その他何ら名義をもってするを問わず、これと同様の経済的性質を有するもの」をいいます。
同法では、法律によって許可を受けたもの(たとえば銀行)以外の者がこの「預かり金」の行為を「業」として行うことを厳しく禁じています。
参照→出資法
カードローン 比較
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。